告訴事件


1949年3月15日、日本共産党は、文部大臣高瀬荘太郎と前文部大臣2人、それに『民主主義』の主幹編集者尾高朝雄を、公務員の「不正行為」の廉で告訴した。

この告訴事件は無視された。不正の証拠もない。

共産主義者が腹を立てれば立てるほど、民間情報教育局(CIE)は喜んだ。

イールズ博士は、満足げに「『民主主義』は、共産主義を見事に告発する形で書かれ、また共産主義者の宣伝活動を極めて効果的に抑えるように書かれている」と述べた。

その「見事な効果」の証明もあると言う。「共産主義者が『民主主義』を激しく非難攻撃しているからだ。この非難攻撃は大変に優れた推薦状といえる」。



「インターナショナル」大合唱


1949年6月27日、シベリアから日本人兵捕虜の第一陣2000人が「高砂丸」で帰国した。

307.JPG

高砂丸


これら「再教育・洗脳」された日本人兵は、ソ連共産主義の栄光を称え、共産主義の「讃美歌」である「インターナショナル」を歌いながら舞鶴に上陸した。

アメリカ陸軍省軍事情報局は、3年前の1946年8月に、既にそうした事態を予期していた。

「選ばれた優秀な日本軍人および民間人(ソ連に拘留された日本人捕虜は、78万5000人)は、ソ連から政治的な洗脳をされていると考えられる。彼等が日本に帰国すると、日本人の思想に大きな影響を与えるであろう」。

このようなソ連引き揚げ者たちは、思想的に親ソ連であるばかりでなく、「日本を〝解放〟するための軍事組織の中心的な〝核〟になるかもしれない」。