blog5.jpgFrom:岡崎 匡史
研究室より

朝の至福のとき。クロワッサンにコーヒー。
今日も一日頑張ろうと元気が出る。


でも、日本人はいつからパンを食べるようになったのであろうか? 

食文化



日本人なら和食だよ、と主張してもお味噌汁の「大豆」は輸入だったりする。事実、味噌の原料となる大豆は、輸入が90パーセントを占めているのが現状だ。日本の食文化は崩壊へ向かうのか。

ハンバーガーに代表されるファストフードが普及するにつれて、日本人の味覚も徐々に変化してきた。化学調味料の配合で、いつも同じ味を提供する商品に舌が慣れ、ファストフードを美味しいと感じてしまうようになった。

学校給食


日本人が本格的にパンを食べるようになったのは、戦後のことである。

発端の起こりは「学校給食」にある。(学校給食は明治からはじまっており、山形県鶴岡の小学校が発祥といわれている)

学校給食が開始された1947(昭和22)年に小学校1年生であった少年は、回想する。

給食のことは鮮明に憶えている。一日で一番真剣になる時だった。アメリカから直輸入のスキム・ミルクという脱脂粉乳が、アルミニウムのお椀一杯。強い臭味があり、色は真っ白でなく、うすい茶色だった。先生が、『体に良いから、飲め!』(当時の言葉で『滋養がある!』)と言われても、飲みたくないと泣いている子も大勢いた。飲めない級友のミルクは、全部私が飲んでやった。『コッペ』という、アメリカからの直輸入の小麦粉(メリケン粉)で作られたスカスカのパンの半分と、命をかけて守る価値があった匙一盛りの甘いイチゴジャム。そして、炒ったアーモンド(みんなの大好物)二個、または、甘酸っぱい乾しリンゴの細長い切れ三本だった。給食は全てアメリカからの食べ物だ。西鋭夫『國破れてマッカーサー』

脱脂粉乳とは、牛乳から脱脂分と水分を取り除いて粉末状にしたもので「スキム・ミルク」とも呼ばれる。

牛乳から取り除いた脱脂分はバターとして利用されていたが、脱脂粉乳は主に家畜のエサとして使われていた。

(「小麦戦略ー2」に続く)

ー岡崎 匡史