blog16.jpg
From:岡崎 匡史
研究室より

「人口減少=悪」

あなたは、この方程式を正しいと思いますか?

いや、人口減少は良いことです。

もう少し正確にいうと、人口減少が良いときと、悪いときがあります。

前回は「なぜ予測は外れるのか?」について書きました。今回は、予測パターンの実例です。言うまでもなく、さまざまな状況により、パターン通りに動かないのが現実ですが、、、でも頭の整理にはなるはずです。

人口ボーナス


「人口学」(Demography)の立場からすると、人口減少は経済成長に結びつく。


なぜか?

それは、子どもの教育に「投資」をすることができるからです。

あなたが親の立場になってみてください。

たとえば、子どもが6人いたら、給料から教育費を工面することができますか? 

平成26年度に文部科学省が実施した統計があります。(子供の学習費調査

日本で幼稚園から高校卒業まで私立に通わせると約1770万円。その一方で、すべて公立の場合は約523万円。

さらに大学まで通わせたら、、、もう計算したくありません。

でも、あなたの子どもが1人か2人だったらどうでしょう?

子どもにもアルバイトをしてもらい、大学まで進学できる教育費を捻出できる可能性が高い。

教育を受けた若者は、知的産業(第三次産業)に就きます。知的なサービス業のほうが給与は高いです。農業や林業などは、自然に左右されます。さらに、知的産業の世代が退職すると、裕福な老人層が形成されます。この人たちが、高い買い物をしてくれます。

まるで、日本の高度経済成長期ですね。

つまり、、、

人口減少⇒教育費投資⇒知的産業の創出⇒経済成長

人口が減ることで、経済成長のサイクルが生まれます。だから、先進国の出生率は低いわけです。

人口負担



反対に、若者の人口が多すぎると、どのような事態が起きるのでしょうか?

教育への投資ができないので、政情不安になります。教育を受けていない若者は、集団心理に流され、盲目的になり、政治運動にのめり込み、ときには暴力を振るうこともあります。しかも、景気が悪いので若者の失業者もでる。そうすると、不満がたまるので、過激派運動が活発になるのです。

まるで、アラブ諸国のようですね。

紛争や内戦が起きている地域、あるいは貧困に喘いでいる国は、出生率が高く若者世代の比率が大きいのです。

さて、日本の高度経済成長期、出生率の低下は「善」でした。

でも今の日本は「人口減少=悪」という時代です。

なぜなら、労働力の人口が減りすぎ、しかも高齢者が膨大にいる。定年退職した世代も、貯蓄をだいぶ使ってしまったからです。

人口減少の流れを整理すると、、、

人口減少は景気を押し上げるプラスの段階がある。でも、それが終わるとマイナスの段階に入ってしまうのです。

では、マイナスの段階から抜け出すには、どうすればよいのでしょうか?

頭の体操がてらに、あなたも、一緒に考えてみてください。


ー岡崎 匡史