blog33.JPGFrom:岡崎 匡史
大学の教会より

スタンフォード大学にきたら、必ず訪れる場所があります。

それは、スタンフォード・メモリアル・チャーチ(Stanford Memorial Church)です。

スタンフォード大学の窓口となる大広場を通り、ロダンの彫刻を眺めていくと、美しい教会がそびえ立っています。絢爛豪華な教会の内部に入った瞬間に荘厳な空気を感じます。

教会は大学の中心に位置し、フーヴァータワーと同じように、スタンフォードの象徴的存在。教会では宗教上の儀式だけではなく、結婚式や大学の行事も行われる。 パイプオルガンの響きも聴こえてくる。


スタンフォード一族


大学の創設者リーランド・スタンフォード(Leland Stanford・1824〜1893)は鉄道王として知られている。当時、「ビッグ4」(ハンチントン、ホプキンズ、クロッカー、スタンフォード)と呼ばれた実業家たちが資金を拠出し、大陸横断鉄道セントラル・パシフィック鉄道を建設。スタンフォードが社長に就任した。

スタンフォードには、溺愛する一人息子スタンフォード・ジュニア(Stanford Jr.)がいた。1883年11月、スタンフォード夫妻は15歳の息子を連れてヨーロッパ旅行へ向かった。アテネから船でナポリ、ローマ経由でフローレンスに着いたところで息子が発熱した。看病のかいなく、まもなく息子はチフスで死去。

1891年に開校したスタンフォード大学の正式名称は、息子の名前にちなんで「リーランド・スタンフォード・ジュニア」と呼ぶ。


教会建設


スタンフォード大学創設されてから10年も経たないうちに、鉄道王のスタンフォードが亡くなる。スタンフォード亡き後、妻のジェーン(Jane Stanford・1882〜1905)が大学運営に苦労しながら切り盛りする。

ジェーン婦人がスタンフォード・ジュニアを偲び、教会を建てた。1891年の開学当初から教会の建設がはじまり1903年に完成するが、それまでには長い道のりがあった。とくに、聖書の物語をモチーフとしたモザイク画を作製するために5年以上もの歳月を費やす。

ところが、1906年にサンフランシスコに大地震が直撃する。モザイク画も粉砕し、すべてを修復するのに1917年までかかる。悲劇はさらに襲ってくる。1989年に再び大地震が直撃。修復をかさね燦然とする教会が1993年に蘇った。


ー岡崎 匡史