マッカーサーの秘密電報

1946年1月25日、マッカーサーは米国陸軍省あての長い秘密電報を打ち、天皇の命を救った。


「天皇を告発すれば、日本国民の間にとてつもない動揺が引き起こされるだろう。その結果もたらされる事態を鎮めるのは不可能である。......天皇を葬れば、日本国家は分解する」。もし、連合国が天皇を裁判にかければ、日本国民の「憎悪と憤激」は、「間違いなく未来永劫に続くであろう。復讐のための復讐は、天皇を裁判にかけることで誘発され、もしそのような事態になれば、その恐ろしい悪循環は何世紀にもわたってとぎれることなく続くおそれがある」。

43f.jpg

マッカーサーは暗い予測を続ける。


「日本政府は崩壊し、文化活動が停止、底辺での混沌と無秩序は高まり、山岳地域や地方でゲリラ戦が発生する。......近代的な民主主義を導入するという希望はことごとく消え去り、連合国軍占領が終わると、たぶん共産主義路線に沿った強固な組織形態が、引き裂かれた国民の中から生まれてくるだろう」


そして、そのような事態が勃発した場合、「最低百万人の軍隊が必要で、無期限のまま駐留し続けなければならない。加えて、行政を完全に遂行するためには公務員を日本に送り込まなければならない。その人員だけでも数十万人にのぼることになろう」。


残された天皇制

米陸軍省をこれだけ脅かした後、マッカーサーは次のような外交辞令で、彼の長い極秘電報を締めくくった。


「天皇が戦犯として裁かれるべきかどうかは、極めてハイレベルの政策決定に属し、私が勧告することは適切ではない」


マッカーサーの描いた「天皇なき日本」の悪夢に満ちた報告は奇跡をもたらした。国務省と陸軍省は、天皇には手をつけないでおくことに同意した。天皇処刑を望んでいた他の連合国は、説得されて沈黙するか、なおも要求し続けると無視された。


天皇退位の可能性

だが、極東(東京)軍事法廷は、天皇の有力な側近たちの戦争犯罪行為の資料集めを全力を挙げて続行していたため、天皇退位のウワサはくすぶり続けた。


極東軍事法廷の判決が出る2週間前に、マッカーサーと政治顧問代理ウィリアム・J・シーボルドは天皇退位の可能性について話し合った。


シーボルドが天皇退位についてマッカーサーの考えを質すと、マッカーサーは「天皇はたぶん退位を考えているだろう。あるいは、このA級戦犯裁判で出る判決がひどい精神的苦痛をもたらして、自殺さえ考えるかもしれない」と答えた。


しかし、マッカーサーは、退位のウワサがどれも「作り話で、全く実体はない」と言ったが、作り話ではないことは十分知っていた。



西鋭夫著『富国弱民ニッポン』
第2章 富国日本の現状−22


いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

この夏、西鋭夫の来日講演の開催が決定いたしました。
このブログを読んでくださっている勉強熱心なあなたにはきっとご満足いただけると思いますのでぜひご参加ください。

詳細はこちらからご確認ください。



The official Channel of boy r3tro (3).png