マッカーサーの真意とは


幣原やマッカーサーがこの遅い段階まで、このような重要で最も理想的条項を加えることに躊躇していたとは考えられない。


さらに状況を探求してみると、次のことがわかる。


(1)マッカーサーは、松本委員会で進行していたことについて何も知らなかった、と主張している。しかし、彼はバーンズ国務長官に、1945年10月から1946年3月にかけ、「私が大臣たちに民主主義の原則について教育するため、彼らと頻繁に個人的に会った」と述べている。


(2)1946年1月7日、すでにアチソン顧問は、マッカーサーに日本政府(松本草案)が天皇主権を明治帝国憲法どおりにしておく計画だと報告している。マッカーサーにとって、これだけでも松本草案を拒絶する十分な理由となっていた。


(3)幣原が戦争放棄条項を自発的にマッカーサーに提案したとすれば、彼は松本草案のことを考えていたに違いない。当時検討されていたのは同草案だけだ。


「軍隊」条項の削除


ところが、松本草案は「陸海軍」の代わりに「軍隊」という条項を含んでいた。松本草案では天皇は宣戦と条約締結権を持っており、緊急事態以外は国会の同意を必要とすることになっていた(もちろん、どの国でも「緊急事態」の下で戦争を行うのである)。この草案を見たマッカーサーは怒り失望し、ホイットニーに、日本が憲法上、戦争できぬだけでなく、自衛さえもできぬように命じた。


すなわち、幣原首相はマッカーサーに「戦争放棄条項を含めるよう要求」していないし、「いかなる軍事機構も禁止するよう提案」していない。もし、本当にしていたのなら、松本案の中にそれらが入っていただろう。


だから、マッカーサーがホイットニーに命じた草案では、「国権の発動たる戦争は放棄する......たとえ自衛のためでさえ......」となったのである。

48f.png『あたらしい憲法のはなし』より


幣原発言をどう読むか


幣原は、1946年3月7日(内閣案すなわち「マッカーサー草案」が全国に公表された日)、AP記者に対し、「GHQと内閣との審議の間、日本側は戦争放棄条項に、なんの反対も表明しなかった」と語っている。


日本側が提案したのなら、彼は「米側は反対しなかった」と言ったであろう。吉田も「それを提案したのはマッカーサー元帥であり......それに対し、幣原男爵は熱意をもってそれに応じたという印象を持っている」と推測している。


マッカーサーが、のちになって戦争放棄条項と自分とのかかわりを否定しようとしたのは、実に都合の悪い理由が出てきたからであった。



西鋭夫著『富国弱民ニッポン』
第2章 富国日本の現状−27