洗脳された日銀

アメリカは、日本人が奴隸のように働き、アメリカの国債を買い、アメリカの豊かさを支え続けると思っている。事実、アメリカの国債を必死に買っているのは日本だけだ。アメリカは日本人の貯金で海外からたくさんモノを買い入れ、過剰消費にあけくれているが、それを全く修正する気持ちはない。なくてもいいのだ。日本が金を出してくれるから。


大借金を抱え込んでいるアメリカは、いずれ借金が返せなくなる。日本に返せなくなる。もちろん、その時までにはドルは地に落ち、俗にいう大暴落をしている。


こんなことは素人にでもわかることだが、玄人の日銀は「マインド・コントロ―ル」された者のように落下し続けるドルを黙々と買いまくり、日本国民の貯金、税金をアメリカに注ぎ込んでいる。アメリカは返済するつもりはない。そのうえ、都合の良いことに、できない。


69f.jpg

カネヅル

アメリカは、日本というすばらしい「カネヅル」をそうやすやすと手放すわけがない。今現在、「自動車戦争」でアメリカが「制裁」を持ち出し、日本の高級車に100%の関税をかけると脅しをかけてきた時、日本はアメリカに「それじゃ、あんたの国債をもう買わない。膨大な借金を返してくれ」と言えばよい。


なぜ、日本はアメリカに「制裁」を加えないのか。その理由は2つある。1つは、アメリカは日本経済がドルに頼らなければ生きていられない現状を熟知している。日銀が円の自立化を進める考えもないし、円のドル離れを促進する政策も出さないので、アメリカは今までどおり大赤字を抱えながらも悠々と裕福な生活をしていける。


アメリカは日本をなめている。もし、日本が「国債」をもう買わない、借金を払ってくれとアメリカに言ったら、アメリカは日本をつぶすだろう。


「力」の方程式

日米関係は「カネ」だけではないからだ。「力」の方程式が根底にあるからだ。「カネ」の動きの下に、「軍事力」「武力」の大河が流れている。


日本は「カネ」に強いが、「力」には無能だ。戦後50年間の教育で、「武力」は「悪」と教え込まれている。だから、日本は弱体化し、精神的にも貧弱である。


世界最弱の国になった。殴られ役に徹している。謝罪専門国で、世界中からいじめられ、金も巻き上げられ、昔の悪いことばかりを取り上げられ、「謝れ!謝れ!」で、明日は何を責められるかと心配しながら床に就く毎日だ。





西鋭夫著『富国弱民ニッポン』
第3章 富国日本の現状−18