新たな時代へ


自動車に関しては、「燃費の良し悪し」や「環境への影響」などが延々と議論されていますが、より大きな歴史的観点からの議論が欠けております。

世界史全体から眺めてみると、私たちが今、目撃しているのは「石油に頼る時代の終焉」です。これに伴い、地中・海中に眠る燃料を掘り出し、吸い上げる産業も終わりを迎えるでしょう。穴を開けて、資源を搾り取る世界とはお別れです。

今後は電気が主流となります。


テスラ社


スタンフォード大学の真ん前に「テスラ」という会社があります。私の家のご近所さんです。ショーウィンドウがありますが、見ただけでもう釘付けです。美しい車たちが並んでいる。すべて電気自動車です。性能も良い。ガソリンで走る車よりも速い。エンジンを入れて、すぐに走り出します。

4h6.jpg


唯一の問題は値段です。テスラの車は日本円で1,500万円。買った人は借金地獄で苦しむでしょう。ベンツの上級車メルセデスベンツSでも1,500万から1,600万円クラスですから、お金持ちの人々が馬力重視でベンツを買うか、環境重視でテスラを買うかの世界です。


アップル社員の大移動


天下のアップルも、テスラの前にはひれ伏します。すでにアップルの社員がテスラ社に移動しています。スタンフォードに住んでいると、肌感覚でわかることですが、テスラが今や大スターです。私は別にテスラ好きではないですが、子供たちが「テスラ、テスラ」と大はしゃぎです。

テスラがこれほど有名になる背景には何があるのか。それは、アメリカ人の環境に対する意識です。この数年で大きく変わりました。環境汚染は「悪」のように扱われています。そんな中での排ガス詐欺ですから、アメリカ人の怒りは当分、おさまらない。その一方で、テスラはますます注目を集めるでしょう。


西鋭夫のフーヴァーレポート

2015年10月上旬号「フォルクスワーゲン」− 6