南原繁


キリスト教は輝かしく復活し、「偶像崇拝の神道」(マッカーサーの言葉)は埋葬された。国家神道に染まっていた教師は追放され、キリスト教徒の教師たちが大量生産されるべきだった。

マッカーサー元帥は当然そう考えた。

南原繁東京帝大総長も同じ考えであった。


197.JPG


南原繁


南原は、東京帝大法科卒後、内務省に入り、イギリス、フランス、ドイツに留学した。昭和20年12月、東大教授から戦後初の東大総長に選ばれ、二期6年間勤める。昭和21年3月、貴族院議員に勅選され、マッカーサー憲法審議に参与した。


「新しい日本文化の創造」


1946年2月11日、建国記念の日に、キリスト教徒である南原総長は「新しい日本文化の創造」と題する長い演説を東大生たちに行なった。

「人間性の涵養だけでは真の人間としての覚醒に達することは不可能であることを自覚しなければならない。真の覚醒は神を発見し、その発見を通じて自己を神に従わせることによってのみ、可能なのである。日本に緊急に必要なのは宗教改革である。国粋主義的な日本的神学からの解放には別の宗教が必要なのだ」

「別の宗教」とは「キリスト教」。

日本土着の宗教の弱さを示す証拠として、南原は敗戦を指摘した。宗教が貧弱だから武力の戦いに負けた、と言う。


精神の改革とキリスト教


彼の新しい日本文化は、「日本精神そのものの革命」を要求する。この革命は

「単に政治的、社会的システムの変革に止まるのではなく、さらに知的、宗教的な精神的革命に至らねばならない」

「この戦いに選ばれたチャンピオンは若い学生諸君である。真実への愛に燃える純真で誠実な魂にとり、これ以上に重要で相応しい使命はない」。

日本で最も影響力のある大学の総長が、キリスト教への改宗を唱えた。