書く力


単語と同じくらい重要なのが、書く力、いわゆるライティング力です。アメリカでは、小学校から大学院まで、さらにはビジネスの世界に至るまで、素晴らしい英語を書ける人が高く評価されます。演説が上手い人もチヤホヤされますが、書く能力が高い人はその比ではありません。アメリカで作家は非常に高く評価されます。日本では想像できないほどです。


私がアメリカの大学院で生き残ったのは単語力と文章力のおかげです。英語の文法は丸暗記していましたから、あとは知っていた単語を駆使して書きました。先生は私のレポートを読んで、「お前、これ自分で書いたのか」とびっくりしていました。友人たちも「お前、こんな単語知っているのか、知っているのだったら使え」などと言い、からかってきましたが、「会話では、すぐ出てこねえんだ。書いているときに出てくるのだ」と返すと、皆さん驚いていました。

先生や友人たちの態度がガラリと変わったのはこの時からです。「負けた国の若いお兄ちゃん」という印象から、尊敬の念で見られるようになりました。


日本語を守る


英語は得意な人に任せて、我々は日本語を必死に守らなければならない。言葉や言語というものは、国家を形作る基本原理の一つです。日本語により、日本文化が守られているという面もある。文化防衛という観点から、日本語と英語の両立をどう図るか。これは重要な論点です。

日本語の周りには薄い半透明の膜があります。これが日本の文化圏です。日本人の持つ精神性から、日本文学・美術・伝統まで含め、ここには日本の全てが含まれています。この中心に、言葉の魂、つまりは言霊がおられます。その周りには、何十万個という日本語の漢字と単語があります。

つまり、日本語を潰すことは、日本を潰すことと同じであることに気付いて欲しい。日本語が壊れ始めて久しい状況ですが、それをなんとかして食い止めないといけない。


7h5.png



英語は、英語として学ぶ


では、英語についてはどうするか。簡単です。英語を、英語として学びなさい。日本に居たままで、本物の英語は絶対に学ぶことは出来ません。日本で学ぶことができるのは、単語と文法と読み方だけでしょう。疲れたから、難しいから、厳しいから、と休憩できる場所があるのもダメです。日本にいたら、すぐに心地良い場所で休んでしまいます。


英語を本気で学びたいと考えるのなら、日本を出なければなりません。塾に通うお金があったら海外留学へ出してあげましょう。それも、若いうちに出来るだけ行って欲しい。日本で教育を受けると、せっかくの才能が潰れます。

永田町や文科省のお役人さんに、皆さんのかわいい息子さん、娘さんの将来を委ねるのですか。答えは自ずと出ているのではないでしょうか。




西鋭夫のフーヴァーレポート

2015年10月下旬号「日本人の英語力」− 5