日本外交の転機


2009年に就任したオバマ大統領は、就任当時から広島訪問を望んでおりました。核兵器根絶のシンボルは広島です。だから絶対に行きたかった。

原爆についての謝罪は非常に難しい。しかし、2009年当時のオバマさんの人気は、謝罪できるだけの人気がありました。支持する人は全米で80〜90%あったかと思います。俗に言う世界のロックスターが広島を訪れ、あの戦争は残酷で、無駄な戦争だったと言う。そして、アメリカも日本も苦しみましたと指摘しながら、それでもなお原爆は使うべきではなかったと述べる。


17h2.jpg


日米関係の大きな転換点となったと思います。これが実現していれば、2010年以降の日米関係はどれだけ変わったか。しかし、2009年での広島訪問は実現することはありませんでした。なぜか。


時期尚早論


当時の外務省事務次官・薮中三十二は、オバマ大統領の広島訪問は時期尚早で、控えるべきだと電報で書きました。

今、私の目の前に、薮中さんが書いた極秘の英文電報があります。アメリカ大使館宛に書かれた英文にははっきりと、too early for Hiroshima visitと書いてあります。広島訪問は早過ぎます、ということです。原爆が落ちて65年。それでもまだ早すぎるとは、どのようなロジックなのか。

外務省の次官はとても偉い人です。当時は民主党の鳩山政権ですが、何でこんなことが彼の電報で決まってしまったのか。鳩山さんの話を聞いたのか。


鳩山外交


鳩山さんは中国べったりで、朝鮮半島情勢にも大きな関心を寄せています。そんな時、アメリカの大統領が日本に来て広島を訪問すると、日米関係が良くなってしまうのではないか。日米関係が良くなると、親中外交が出来なくなるのではないか。

オバマさんの広島行きを止めた背景には、このような発想があるのではないかと思います。これはとても貧弱で残念な発想です。国益に対する考えがない。自分の考え方や個人のイデオロギーで決めている。自身の保身や将来のこともあってのことでしょう。  

最終的な決断は鳩山さんなのか、外務省なのかはわかりません。しかし、私たちは日米関係最大の転機を失った。それは非常に大きな損失です。




西鋭夫のフーヴァーレポート

2016年5月下旬号「オバマ大統領による広島訪問」-2